書店員のオススメ本を読んでみたところ

書店員のオススメ本を読んでみて、結果どうであったかの感想を書いております。

阪急電車


阪急電車 (幻冬舎文庫) [ 有川浩 ]

 

 

背表紙解説 

恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。

 

   ストーリ性    さらに先を読み進めたい感 読み終わった後の爽快感 登場人物達のキャラ 総合評価

     3

      2        4      3 3

 

感想

読み始めはどのように展開していくのかわからず、主役が一話ずつ変わっていくので戸惑ったりしましたが、あとから登場人物が複雑に絡み合って主役がどんどん入れ替わっていくので、今まで読んだことのない内容でした。胸キュン物語とありますが、胸がすっきりしたり、キュンとしたり色々忙しい本でした。