書店員のオススメ本を読んでみたところ

書店員のオススメ本を読んでみて、結果どうであったかの感想を書いております。

真夜中のパン屋さん


真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫) [ 大沼紀子 ]

 

 

背表紙解説 

真夜中にだけ開く不思議なパン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」に現れたのは、美人で妖しい恋泥棒ー。謎だらけの彼女がもたらすのは、チョコレートのように甘くてほろ苦い事件だった…。不器用な人たちの、切なく愛おしい恋愛模様を描き出す“まよパン”シリーズ第2弾。

 

   ストーリ性    さらに先を読み進めたい感 読み終わった後の爽快感 登場人物達のキャラ 総合評価

     3

      3        3      4 3

 

感想

第二弾と言うことで登場人物の性格や人間模様もわかっているため、人間関係はわかりやすかったですが、今回は第一作目の登場人物が一人の人間のトラブルに巻き込まれていく話で、読んでて長かったです。